運転免許証を紛失した時の対処法・再交付手続き - 落し物ドットコム - 紛失・忘れ物・落し物情報の総合ポータルサイト 落し物ドットコム - 紛失・忘れ物・落し物情報の総合ポータルサイト

HOME | 新規登録 | ログイン | よくある質問 | サイトマップ

運転免許証を紛失した時の対処法

運転免許証を紛失した場合には、まず警察に遺失届を出します。これは最寄りの交番で提出することができます。ただし、警察署へ届出をしていなくても再交付手続き自体は可能です。

 次に、自分の住んでいる都道府県にある運転免許センターにて免許証の再交付手続きをします。ここでの注意事項は本人が必ず行かなければならず、代理人等を利用することはできない点です。免許証再交付に必要な書類は、運転免許証再交付申請書、運転免許証紛失盗難顛末書、申請用写真1枚(縦3㎝×横2.4㎝)、そして本人確認が出来る身分証明書です。運転免許試験場や運転免許センター再発行で手続をすれば、即日交付してもらえますが、警察署で手続きを行った場合は後日交付となるので注意しましょう。また都道府県によっては警察署では手続きできない場合もあります。 紛失・盗難で免許証がなくなった場合は、住所、氏名、生年月日を確認できる書類 (例えば保険証、社員証、学生証、住民票、在留カード、特別永住者証明書)が必要になります。コピーでは認められないので、現物を持参しましょう。 運転免許証再交付申請書と運転免許証紛失盗難顛末書は運転免許センターにあります。 また、IC免許証の場合は、暗証番号が必要となります。 運転免許証の再交付に必要な手数料は3600円です。 上記の再交付手続きに関して特に期間制限などはありませんが、運転免許証を携帯していない状態で自動車を運転してしまうと、運転免許証不携帯として反則金を取られてしまうので、紛失した場合には速やかに運転免許証の再交付手続をしましょう。

 また、運転免許証は停止手続きというものができません。新しい運転免許証を再交付してもらっても、古い運転免許証が悪用されてしまう危険性もあります。携帯電話契約に使われてしまったり、キャッシングカードの発行に使われたり、といた可能性もなくはありません。身分証明書の紛失や盗難に遭ったことなどの情報を個人信用情報機関に登録することで、信販会社・消費者金融・銀行などの金融機関が審査をより慎重に行う「本人申告制度」というものがあります。不安な方は申請を行いましょう。


財布を紛失した時の対処法

クレジットカードを紛失した時の対処法

キャッシュカードを紛失した時の対処法

運転免許証を紛失した時の対処法

保険証を紛失した時の対処法


落し物ドットコムに落し物情報を投稿して、落し物を見つけよう!  

落し物ドットコム - 日本最大の紛失・忘れ物・落し物情報の総合ポータルサイト