自転車の鍵をなくした、鍵が開けられない時の対処法 - 落し物ドットコム - 紛失・忘れ物・落し物情報の総合ポータルサイト 落し物ドットコム - 紛失・忘れ物・落し物情報の総合ポータルサイト

HOME | 新規登録 | ログイン | よくある質問 | サイトマップ

自転車の鍵をなくした、鍵が開けられない時の対処法

学校や会社の帰り道、駅の駐輪場で気づいたら自転車の鍵がない!

ナンバー式の鍵の暗証番号を忘れてしまった!

夫や子どもが自転車の鍵をなくしてきた! 

鍵が鍵穴に上手く入らなくなってしまった! 


こんなこと、みなさんもあるのではないでしょうか。

落とし物ドットコムには、様々な落とし物が登録されますが、その中でも意外と多いのが自転車の鍵をなくしたケースです。

このページでは、上記のように自転車の鍵をなくした、鍵が開けられないときの対処法をまとめています。

いくつか対処法があるので、それぞれのやり方と、良い点・悪い点について解説していきます。

このページを参考に、対処しましょう。

なお、このページで解説する対処法のまとめは次の5つです。

No. 対処法
1 自転車屋さんに持ち込み、鍵を破壊・交換
2 自転車屋さんや、便利屋さんに出張依頼
3 警察署や交番で鍵を破壊
4 自分で鍵を破壊
5 自分で鍵を開ける

それでは順番に解説していきますね。

鍵の交換もその場でできる!自転車屋さんに持ち込み、鍵を破壊・交換する

落とし物ドットコムの一押し対処法がこちらです。

近くの自転車屋さんに持ち込み、鍵を破壊、その場で新しい鍵を取り付けてもらうことができます。 かかる費用は鍵の交換までふくめて、1,000円から2,000円程度とかなり良心的な値段となっています。

鍵をなくした自転車が大手メーカー製で、保証書を持っている場合

パナソニックやブリジストンの自転車に乗っている方は、保証書に記載されている鍵の番号を連絡すれば合鍵を作って送ってくれます。 1週間から2週間程度かかるので今すぐ欲しい方には向きませんが、余裕があれば検討するのも良いでしょう。

ブリヂストンの自転車の場合、キーNoと商品コード・車種略号(型式)が分かれば、 販売店や取扱店で、スペアキーを1本800円くらいで作成してもらえます。

パナソニックの電動アシスト自転車の場合、鍵番号が分かれば、スペアキー2本を約2,000円で作成してもらうことが可能です。

自転車屋さんや、便利屋さんに出張依頼をする

自転車屋さんに持っていく場合の最大の壁は、車がないと面倒なことです。 また、自転車をおいている場所から自宅がかなり遠いなど、すぐに自転車に乗れないと困る場合もあります。

そんなときにオススメなのがこの方法です。

自転車屋さんの中には、出張修理を請け負ってくれるところがあります。 中には最短15分程度で鍵の切断から交換まで済ませてしまうすてきな自転車屋さんもいらっしゃるそうです。

鍵の110番などの合鍵屋さんや、便利屋さんでも対応してくれるところがあります。

この対処法のネックは、持ち込むよりも出張費が追加でかかってしまいます。 また、一般的に合鍵屋さんや便利屋さんのほうが値段が高く、出張依頼の費用は3,000円から10,000円程度とかなり幅があるようです。

どうしても急いでいる場合以外は、自転車を購入したお店に後日持ち込むなど、信頼できる業者さんに任せるのがおすすめです。

自転車の鍵を壊すだけで良いなら、警察でも対応可能

実は、警察署や交番には自転車の鍵を壊せるボルトカッターや、ワイヤーカッターを持っている場所もあります。

(地域や交番によっては置いていないことがあるので要注意です)

運良く近くに警察署や交番が有り、道具があれば一旦自転車の鍵を壊してもらって、自転車屋さんに新しい鍵を買いに行くのもオススメです。

ただ、一点だけ注意があり、鍵を壊して欲しい自転車の防犯登録があなたの名前で済んでいて身分証明書が提示できないと、対応してもらえません。

これは警察が窃盗を手助けしないように必要な手続きなので、仕方がありません。 自転車はただでさえ、盗難が多く乗っている時に職務質問に合うことも多いため、防犯登録は必ず購入時にしておくことをおすすめします。

自力で自転車の鍵を開ける、壊す方法

最後に、自転車の鍵を自分で開ける、壊す方法について説明します。

まず開ける方法についてですが、今回ご紹介するのは一般的なママチャリタイプの自転車によくついている、 馬蹄錠という鍵を開ける方法です。

自力で自転車の鍵を開ける方法

準備

まず傘を開くときに使う金具を使用するので、ビニール傘などを用意します。

ビニール傘を開く時に、ポチッとボタンを押すと思います。 これを傘本体から外します。男性なら足で踏みながら曲げていけば、簡単に折れちゃいます。

ボタン付近が折れたら、あとはペンチやニッパーを使って、切り込みを入れていき、ボタンの金具を完全に取り出しましょう。

この金具を使って、鍵を開けていきます。

鍵の開け方

金具の傘を持っていたところに該当する細長い棒を、鍵穴に挿入してください。

普通の鍵は、まっすぐ奥に入れますが、やや斜めに入れると空きやすいです。

入ったらサドル側にクイクイッと回していくと「カチャッ」と鍵があきます。

コツをつかむと、10秒もかかりません。

ちなみに、マイナスドライバーでもできると書いてあるネットの記事を見ますが、 メーカーによっては棒の部分が短く開けられないこともありますし、 傘を分解した時にできる棒の先端の微妙な曲がりが鍵穴を回すのに最適なのです。 なので、私は傘を分解することをおすすめします。

ここまでの説明でよくわからなかったあなたは、わかりやすいYoutubeの動画をみつけてきましたので、 こちらを参考にしてみてください。



シリンダータイプの鍵は、波形のヘアピン2本を使用して開けることができるのですが、今回は解説しません。 普通のヘアピン二本があれば大丈夫ですので、気になる方は試してみましょう! コツはピンを上げるときに焦らず、急がず上に一本ずつカリカリ上げていくことです。けっこう慣れが必要なので、健闘を祈ります!

自力で自転車の鍵を壊す方法

馬蹄錠の場合、バイスグリップややボルトクリッパーでサクッと切断できます。 また、安いワイヤー錠であれば、ワイヤーカッターを使いましょう。 どの工具もAmazonやホームセンターで購入することができます。

地球ロックなどをした太い鍵の場合は、自力で開けるのは(できなくはないですが)骨が折れるので、 上で説明したように鍵の出張修理を頼んだほうが良いでしょう。


財布を紛失した時の対処法

クレジットカードを紛失した時の対処法

キャッシュカードを紛失した時の対処法